広友ホールディングス株式会社

ここからサイト内共通メニューです

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 東京マラソン協賛

ここから本文です

広友ホールディングス株式会社は、「東京マラソン」のサポーティングスポンサーとして協賛させて頂いております。

広友ホールディングス株式会社は、「東京マラソン」のサポーティングスポンサーとして協賛させて頂いております。また、環境貢献の取り組みとして、事業会社である広友リース株式会社がレンタルさせて頂いた商品の使用時と運搬におけるCO2排出量を算出し、カーボンオフセット(相殺)します。

太陽光発電システムで動かすスカイダンサーをご提案

2012年ファミリーランのスタート会場では、大会を盛り上げるために、広友リースが2011年よりレンタルを開始している「太陽光発電システム」を利用した、“スカイダンサー”をご提案。空気を送り込むことで立ち上がり、不規則に踊る人形に子供たちは興味深々。また、集合場所の目印にもなり運営にも貢献することができました。

これまでの実績

2008年

レンタル備品(総数) 8,803点
CO2排出量 10.7t
杉の木に換算した場合 約764本

2009年

レンタル備品(総数) 8,227点
CO2排出量 10.9t
当社出店ブース破棄時 97kg
杉の木に換算した場合 約778本

2010年

レンタル備品(総数) 7,192点
CO2排出量 12.8t
当社出店ブース破棄時 48kg
杉の木に換算した場合 914本

2011年

レンタル備品(総数) 9,773点
CO2排出量 15.2t
当社出店ブース破棄時 31kg
杉の木に換算した場合 1,085本

2012年

レンタル備品(総数) 12,638点
CO2排出量 23.0t
杉の木に換算した場合 約1,643本

2013年

レンタル備品(総数) 9,205点
CO2排出量 22.1t
杉の木に換算した場合 約1,578本
  1. ※1CO2排出量:電化製品の使用時に発生するCO2と全体の運搬にかかわるCO2を合算した数値です。
  2. ※2杉の木換算:杉の木1本あたりが一年間に吸収するCO2を14kgとして計算しています。 (林野庁ホームページ参考)

東京マラソン2014

ここからカテゴリー内共通メニューです